携帯サイトはこちら


facebook
Twitter
音楽結社の投稿
最近のコメントは?
過去記事の倉庫
最新の投稿動画
音楽仲間のリンク
♪ 全てのリンクを見る ♪

 以下は新着情報で〜す!

須賀川のバンド情報

 ♪人気ランキング表示
掲示板投稿
トピック 返信 最終投稿
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


新規登録
関係ブログリンク

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 須賀川情報へ

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ




-- 音楽結社(須賀川ネットシティの音楽、音響、照明部門)atomのブログです --

「音楽結社」とは、須賀川ネットシティからスピンオフした、音楽、音響、照明部門です。 「マチナカライブ」をはじめ、須賀川近郊の演奏会やイベント、スタジオ、コンサート、ライブ等の音響、PA、SRサービス、ライティングサービスや構成、企画、演出をボランティアで行っています。ご相談は上部の「問合せ」から!
音楽結社 - 最新エントリ
 最新エントリ配信

最新エントリ
2010/06/12
カテゴリ: 音響、PA、SR : 

執筆者: atom (11:26 am)
 
こんにちは〜atomで〜す

久しぶりにPA、SRの話題です



昨日、オーバーホールの為に、修理に出していた音楽結社のメインコンソールMIDAS Venice 320が帰ってきましたよ

言わずと知れた、世界で一番有名なアナログミキサーの銘機Veniceシリーズの最高峰32chコンソールです。



日本の総代理店が代わったので修理に大分時間がかかってしましました・・
おぉ〜久しぶりに会えたね!懐かしや、懐かしや!



おまえが居ない間、デジタルミキサーに浮気してしまっていたけど、やっぱりお前が一番だよ・・って思わず囁いてしまいました



やっぱり、重くてデカイけどコイツが一番です。
一番信頼出来て、美人で、性格が良くて、声もイイ・・



最近の小さな現場では活躍する機会は少ないと思うけど、一生大切にするよ・・
って擬人的な会話をしてしまう一日でした
 
 
 
2010/05/24
カテゴリ: 音響、PA、SR : 

執筆者: atom (3:04 pm)


みなさん、こんにちは、atomで〜す!

昨日、24回目のマチナカライブが終了しましたよ。

いやぁ〜長いようで短かった2年間、あっという間に2年が経ってしまったようです。

真冬の雪の降る中のライブ、真夏の炎天下の中でのライブ・・今考えるとよくぞここまでやってこれたな〜って思います。

一人じゃ絶対続けて来れなかったし、仲間みんなが協力してくれたからこそここまで続けて来れたんだと感謝しています。

これからも、出来る限り続けてゆきたいと思っていますので、よろしくお願いします。



なんか、今回は真面目な書き出しだったんで・・あとがちょっと続かないなぁ・・

え〜今回は暖かくなったんで、ちょっと冒険をしてみましたよ。

ライブって楽しいんですが、何が一番苦痛か・・って言うと、仕込みとバラし、つまりステージの準備や音響のセッティングと片付けなんですよね・・

その労力を少しでも減らして、音楽を楽しめる時間を増やしたい・・って常々思ってましたが、色々シミュレーションしてみたところ、ステージの準備はしょうがないとして、音響機材のセッティングだけでも簡単にできないか今回初めての試みをしてみました。



皆さんご存じのように、まずステージ上のマイク、DB、ラインの音をマルチボックスでまとめて、太いマルチケーブルを引っ張り観客席のコンソールまで持ってきます、そこで音を調整、加工し、またラインレベルでステージ袖まで持っていき、パワーアンプで増幅しスピーカーで鳴らすんですが、信号が長いケーブルのおかげで劣化したり、ノイズが乗ったりするんですね。

一番はステージと観客席のコンソールまで長くて太いケーブルを沢山ひいているのでゴチャゴチャになってしまい、それが仕込みや撤収にえらい時間がかかる原因にもなっていました。

今回、音楽結社は解決策として画期的なシステムを試験的に導入してみました。
まだ、あまりメジャーな方法ではないんですが、それはアマチュアの強み、何でもやってみなければわかりません。

フルデジタルミキサーのコントローラー部分がLANケーブル1本で延長できるシステムです。
概念としては、ステージ上でシステムが完結してしまうんですね!
あとは、そのコントロールをLANケーブル1本で観客席のフルデジタルコントローラー(見かけはミキサー)に接続するだけで完了です。
今まで使っていたマルチケーブルもいりませんし、戻しケーブルも、電源もいりません。
アナログ信号ラインも最短で済みますし、コンパクトで持ち運びも楽です。



更にもう一つの目玉は、このシステム、単なるデジタルミキサーだけでなく、デジタル16トラックレコーダーも内蔵されていますので、今までのような外部レコーダーの接続もいりません。

今まで卓まわりのゴチャゴチャした接続も一切必要なくなったので、とってもシンプルですね。



もちろん、欠点が無いわけではありません。
ヘッドアンプもMIDASとかMACKIEに比べると貧弱ですし、EQもブロードで効きも甘い感じがします。
一番残念なのはコンプが無いことですね・・まぁインサート端子があるので、そこに接続すりゃイイんですが、折角のシンプルなシステムにあれやこれや接続するのは本末転倒ですし・・

ま、色々使い倒してマチナカライブのメインシステムになるよう徐々にに育てていきたいと思います。

・・そして・・



やっぱ、今回もみんなで打ち上げやっちゃいましたね〜これも楽しみなんだなぁ

来月もヤルぞぉい〜〜!!
 
 
 
2010/05/03
カテゴリ: 音響、PA、SR : 

執筆者: atom (6:30 pm)


こんにちは〜、atomで〜す


先日、5月1日、2日と春フェスの代表例となっている東北地方では最大級の音楽フェス、宮城県の「荒吐ロックフェスティバル」、通称「バキフェス」に行ってきましたよ

久しぶりのドピーカン、二日間楽しんできました。

でも、夜のキャンプだけは地獄でしたっ!!

ヒートテックインナー、セーター、スタジャン、カッパを着込み、シュラフに入ってもなお凍死しそうな位寒い・・

雲一つない快晴だったので、夜は放射冷却により多分零度近くになったのではないかな?



我慢できず、テントの中でコンロを焚き暖をとり、内側からはアルコールで暖めるしかありません。

結局、殆ど寝れず翌日朝に・・・



酒と寝不足でフラフラだけど、逆にテンションが高くなって二日目も楽しめましたよ



フェスの内容は、皆さん多くの方が書いているでしょうから、ちょっとマニアックな部分を・・

まず第一に「演奏開始ジングル」がカコイイ!!
どの会場も統一され、始まる前の一瞬、一気に盛り上がります、あれイイなぁ・・

SRシステムも、かなり個性がありました。

意外にもYAMAHA PM3500 と PM4000のアナログコンソールが主流でしたね。

REVはLexicon、GEQはKLARK TEKNIK、Compはdbx等々・・どの会場もアウトボード類は定番モノで固められてました。


   メインステージのコンソール YAMAHA PM3500


   サブステージのコンソール YAMAHA PM4000

出演者によりオペレータが頻繁に変わるため、トラブル防止を考え業界標準のアナログコンソールを使用するのは当然と言えば当然なのかもしれません・・

ただデジタルコンソールは一会場のみありました、比較的小型なmidas pro6で同社XL8の弟分みたいな機種です。


   サブステージのコンソール midas pro6

スピーカーシステムは、会場毎にそれぞれ工夫と個性が出ていましたよ。

ちなみにラインアレイは広大な3会場で、各会場ごとに仰角を完全にコントロールしていてエリア内の音圧、音質はほぼフラットでした。

ただ、風が比較的強かったせいか、50m程度離れると音波伝搬が気層粗密フェージングのため中高域がかなりウネって聞きにくかったのが残念でしたね。



今年あたりから、我が音楽結社もデカイ会場の場合、イントレ組んでラインアレイHX-5Bを吊りたいと思いますっ
そん時はイントレの手配と仕込みお願いしますね!親方


規模は小さいけど「音楽結社」所有のHX-5Bラインアレイのフルシステム初公開



サービスエリアが比較的狭い会場では通称「カベ」と言われる従前のようにSPを何段にもスタックする手法がとられ、ラインアレイの素直な音とは違い昔ながらの音圧でちょっと懐かしい感じがしました。

しかし、どの会場でも低域のコントロールには手を焼いているようでした、どこも同じですね


では、スナップショットをちょっと・・


   広大な敷地のキャンプサイト


   なんと!5月なのに桜が満開でしたよ!!


   何故か会場内で「みちのくプロレス」?もやってました^^;


   出店も多いし、楽しみは尽きませんね!
   美味しいお酒を手にコバさん嬉しそう!!


   「つじあやの」さんのウクレレ講座


   泉谷のアニキ・・頑張ってましたよ


というワケで、色々あったけど、とっても楽しいフェスでした。

来年は越冬隊よろしく装備を万全にして望むゾォっ

 
2010/04/22
カテゴリ: 音響、PA、SR : 

執筆者: atom (2:59 am)

こんにちは〜atomですっ

いよいよ二日目、本番当日。


この日は、午前中にイベントの講演会があって、昼休みに軽いリハをした後、14時から本番。

ウチらは昼12時のリハに間に合うよう行こうとしましたが、なんとご存じの季節はずれのドカ雪の為に、まさかの着遅れ。

それでも、なんとかリハに間に合いました

14時から、本番開始!流石ステージ馴れしたJOE氏の話術とも相まって、オーディエンスのノリもイイ

細かいこと抜きで、とっても楽しめるステージングにはいつもながら感心させられます



予定外のアンコールもあり、満足度120%のライブでした。



撤収も驚くほどスピーディーで、イキのあった仕事っぷりに我ながら感心しきりです。

アポロチョコシアターの皆さん、ライブを企画された結城さん、音楽結社スタッフのミンナ、ホントお疲れ様でした

今回、私的にも久しぶり楽しめた現場でした、バンマスのtollちゃん、またやろ〜ねっ

そのままのノリで音楽結社の打ち上げ(オイオイ あんたらメンバーじゃないダロって声が聞こえそうですが・・)

翌日マチナカライブがあるのに、なんと朝方3時まで飲み明かしましたとさ

 
 
2010/04/21
カテゴリ: 音響、PA、SR : 

執筆者: atom (8:52 pm)

こんにちは、atomで〜す

まず第一日目から・・


ホントありがたいことに、前日仕込みの許可をいただき、器材を2台のトランポに振り分け、夕方5時に現場入り。

早速、仕込み開始となりましたが、なんと、この舞台、せり上がるんですよ

平場から20センチ刻みでグイ〜ンってあがる・・こりゃ仕込みにゃうってつけでした。

今回は、初のハコでもあり、大事をとってアナログミキサーを基本にセットアップ。

Yamahaの16ch卓にDBXのプロセッサ

FOHはTOAのラインアレイシステムHX-5Bを2対向及びエレボイのサブロー1対向

これをAMCRONのMA-9000iで叩きます。

ん〜、えらくシンプルでしょ?
これがトラブル防止と、イザって時にと〜っても重要なんすよ

モニターは動きのあるバンドなので、邪魔なコロガシなしのサイドフィルのみとしました。



案の定、音が回る回る・・

今回のラインアレイシステムでなければ、とても聴けたもんじゃなかったとホッと一安心

音場もそんなに遠く感じないレベル、なんとか位相調整だけでイケそう



仕込み、プロセッサで音場測定&チューニングを済ませ、音出し開始・・



メンバーによるリハを滞りなく行い、無事ケツカッチンの21時ギリで終了

明日本番の成功を祝して・・オッと前祝いに・・仕込み親方宅で一献

酒のつまみに出た茶々さんの玉子焼き、最高に美味かったっす!またお願いシマス
 
 
2010/04/07
カテゴリ: 音響、PA、SR : 

執筆者: atom (8:10 pm)

こんにちは!atomで〜す

新年度になりましたね!!


もうちょっとすると街中で初々しい新入生や新社会人の姿も見れることでしょう

なんか、また年をとってしまった感がありますが、せめて気持ちだけでも若くいたいもんですなぁ


ところで、音楽結社ではマチナカライブを始め屋外のイベントは結構多いんですが、逆に屋内のイベント依頼って少ないんですよ・・

屋外は天候や気温に左右されやすく器材の痛みも早いので、メンテが欠かせないんですが、その点、屋内だと比較的楽なんですよね!


今年もこれから花見やイベント等で音響依頼があるとおもいますが、今年は屋内型のイベントをちょっと重視してやろうかなぁ〜って思ってます



昨年度は5つの現場が屋内だったんですが、外部環境に左右されない分、気分的にオペはとっても楽だったので・・


まず、今年度の音楽結社、記念すべき屋内現場第一弾は「アポロ・チョコ・シアター」のライブでっす

先日の下見でキャパと大体のイメージが掴めたし、今回はハコを斜に利用したステージ、ちょっと冒険になるけど、前日入り出来て仕込みも出来る、なんとかなるかな

時間があればゲネプロもこなすぞぉ

 
2010/03/18
カテゴリ: 音響、PA、SR : 

執筆者: atom (10:48 pm)

こんにちは!atomです

昨日、音響オファーを受けた、アポロ・チョコ・シアターのライブ会場現場の下見に行ってきました。


思ったより、大きな会場でした。


ただ、設計が新しい割には、残響音がキツく反響自体がかなりライブですね。
元々、講演会メインで設計されているのでしょう。


それはイイとして、バンドジャンルはファンクですから、それなりに聴かせるには結構冒険が必要かも・・
男女ツインボーカルとホーンセクションがイケてるので、それを生かした構成にしないとね。



ただ、困ったことに仕込みに許された時間が朝に一時間と昼休みの45分間・・

えぇっ・・、搬入とセッティングだけでも足りないかなぁ、ましてリハなんか出来る余裕ないよなぁ・・



って思ってたら、前日に仕込みとリハが出来るかもしれないって話です。

でも、前日、休み取れるかなぁ・・
2010/03/15
カテゴリ: 音響、PA、SR : 

執筆者: atom (7:30 pm)


昨日、毎月恒例の第22回マチナカライブが開催されました。

マチナカライブが始まって、二回目の冬が終わろうとしています。

ま〜よくこの寒さの中で懲りもせずやってこれたな〜って思いますよ

それでも三月ともなれば、あの吹雪の中でのライブとは違いますね!

寒さといっても、厳寒の中とは違い比較的すごしやすく、素直に音楽を楽しめる感じです。

ホント、真冬は意地で・・やってたところもありましたから・・ね

今回、ライブは「夢音一衣」でお馴染みコバさんの「コバオンステージinマチナカ」という 企画もあり、器材も比較的大がかりになりました。



FOHに、最近、音楽結社でメインSPになりつつある、飛びの良いラインアレイシステム(TOA HX-5B)1対向にエレクトロボイスの18インチのSubLOW1対向を追加。



コンソールは、音楽結社で最近二番人気の YAMAHA 01V96 を使用、プロセッサにDBXの DriveRack 噛ませ、 音楽結社で新規導入したCROWN(日本名:アムクロン) MA-9000i の大パワーで、前途のラインアレイスピーカーを叩きます。



もちろん、「コバオンステージinマチナカ」のライブレコーディングに、adat2系統を束ねたデジタルマルチトラックレコーダー HD24 を使用、24chのうち16chをフルに廻しましたよ。
デジタル機器のアキレス腱、肝心なマスタークロックは、ジッター無しの完全同期の為、私の大好きな ART Sync Gen を使用しました



今回は思ったよりLowの回り込みが大きくて、押さえこむのに難儀しました、いつもの会場なのに、ちょっとした場所の違いや気温で驚くほどの変動がありますね

唯一残念だったのは、毎回欠かさずご出演いただき、シブ〜い独自の世界を歌い上げる「すべ〜るコバヤシ」さんが、前日大怪我をされ出演出来なくなってしまったことです

それでもライブ会場に駆け付けて下さって、みんなに声援を送ってくれました、嬉しいですね〜

とりあえず、このマチナカライブで音楽結社としての今年度の現場は終了かな・・

このあとは来年度、4月・・tollちゃん率いるアポロ・チョコ・シアターのライブ現場が待ってます

それまで、ちょっと器材のメンテでもしなきゃね

 
2010/03/11
カテゴリ: 音響、PA、SR : 

執筆者: atom (10:57 pm)

こんにちは!atomです

他愛もない話題が続いてしまいましたが、そろそろ本業の音響の話題をちょっとずつしていきたいと思います。

この写真は須賀川ネットシティが音響サービスとして最初に提供を始めた頃のシステムです。

システムの特徴としては・・パワーが少ないので(トータルで2,000W程度)、フロントロードのかかったSPを片ch4本計8本でカバーしてました(でも出音とその音圧は凄まじかったですョ)。
モニターはころがしとサイドフィルで鳴りと音質を重視してました。




懐かしいっていうか、今考えると無謀な挑戦でしたよね・・

物量主義というか、まず重要なのは、システム全体の重
量、パワーが最優先でした。



音響システムは日進月歩!温故知新ですよ。

今でもこのシステムは保有してますが、最近は活躍出来るような現場がありません!

悲しいけど今後、出番は・・ないと思います

誰かこのシステム受け継いでくれませんか
2010/03/06
カテゴリ: 音響、PA、SR : 

執筆者: atom (5:52 pm)

こんにちは、atomで〜す!

毎日、温度がコロコロ変わって体調が追いついていかないですよね!

三寒四温・・春になる前ぶれなんでしょうけど、ちょっと辛いです!

さて、2ヶ月の間、野暮用で使用出来なかった音楽結社のスタジオがやっと使用可能となりました。

ちょっと機材の変更もしてみましたよ。

知っている人は知っていると思いますが、ちょっとご連絡。

以前、音楽結社のスタジオにある機器はコンソールやエフェクターに至るまで全てがアナログでした。

たしかに、練習や演奏するには非常に都合がイイんですが、ちょっとレコーディングをしようとすると、パッチを換えたり、レベルを合わせたり、もう大忙しです。

そこで、ちょっと楽する為に 簡単な機器構成にしてみました。

    

コンソール一式を可動式ラックに収めました、須賀川ネットシティの現場から退いたデジタルミキサーの銘機YAMAHA 01Vを再活用、MTRはFOSTEXのデジタル8chマルチトラックレコーダー、後はマスタリングレコーダーを配置、最後にプロセッサを通してYAMAHAのパワーアンプでBOSE 802をガッツリ叩く・・超シンプルな構成にしました。

今までの苦労は何だったんだろう??って位楽になりましたよ

ちなみに流行りのDAWは、あえて今回使いません・・というか、確かに色々な事が出来るんですが、結局機械(ソフト)に人間が使われている気がして・・

私もしばらくProToolsを使っていたんですが、音楽を演っているという感覚が鈍って、自分が何を演りたいかボケてしまうんです、緊張感が無くなるというかね・・
で、急に嫌気がさして使うのを止めてしまったんですよ。

ソフトで色々加工する事に力を注ぐより、いかに素材を良く録るかに力を注ぐ方が絶対イイに決まってますから・・ね。

        

ついでに、歌入れ用のコンデンサマイクも清掃してセッティングを変えてみました、気分的にも良い音になった・・気がします

分かってたんなら・・もっと早くヤレよ!!・・って感じですよねェ
 
2010/03/04
カテゴリ: 音響、PA、SR : 

執筆者: atom (4:36 pm)

こんにちは、atomです

最近、私のお気に入りなハコは、クラブチッタ川崎なんですよ!

一年に何度か行ってますが、勉強というより・・いつも楽しむのが先になっちゃいます。


FOHで使ってるコンソールはパット見ですがMIDASの超ド級のHERITAGEクラスかなぁ・・


ウチレベルで導入出来るとしてもMIDASのVENICEクラスですもんね・・まさにケタが違います



でもGEQはウチと同じKLARK TEKNIK DN360を使ってましたので、チョット親近感を覚えました



しっかし、いつもいい音出してるよなぁ・・こんなハコのOP私も一回やってみたい・・・
 
2010/02/28
カテゴリ: 音響、PA、SR : 

執筆者: atom (9:40 am)

こんにちは!atomです

今、音楽結社では、ほとんどの場合デジタルミキサーを使います。

そういえばアナログミキサー、ここ最近、主だった現場で使った記憶がありません

音楽結社として所有している数は、デジタルミキサーよりアナログミキサーの方が圧倒的に台数は多いんですが、使用頻度は劇的にアナログが落ちてます


もちろん、アナログでもパワードミキサーは別格で、音楽結社でもイベントや持ち出し、小会場で使用頻度は飛び抜けて高い稼働率ですが・・ね!

デジタルミキサーの何がイイって?・・ん〜・・とにかく楽できます

その日の構成に合わせて、事前にパッチを組んでおけば、スイッチ一つで勝手にフェーダーが動きバランスをとってくれますし、多数のバンドが出演する場合でも、リハの時に入念にバランスを決めてシーンを設定しておけば本番はちょっとした補正をする位で済んじゃいます。

あと各アウトボードやプロセッサともMIDIで一元に同期できて相性もイイですしね。



デジタルだと視覚的、直感的に操作出来ないのはもちろんですが、操作自体もメニュー階層が深いので物理的に操作するのに時間がかかり、即座に対応できなかったり、遅れたりします



それでも、PCから各chのパラメータを操作出来るのはやっぱり便利ですし、音楽結社の最新鋭機器 yamaha LS9 にあっては無線LANで接続してPCを持ち歩きながら(イメージとしてはミキサーを持ち歩きながら)の返しの調整や、モニ卓(サブ卓)としてステージサイドに設置するって離れ業まで行えちゃうのも大きな魅力なんですがね・・



でも、ココ一番の場合、図体はデカいけど操作性ではやっぱりアナログにかないません。
とっさの時の対応なんかはデジタルじゃパニックになります。



とっても人間味のあるアナログミキサー、久しぶりに、また現場で使ってみようかな・・



何十本ものフェーダー、トリム、パッドを自在に駆使し音を操る作業は、まさに音響屋の真骨頂!!デジタルミキサーにはないアナログミキサーの醍醐味ですから

 
2010/02/24
カテゴリ: 音響、PA、SR : 

執筆者: atom (11:30 pm)

こんにちは!atomです

今、先日行われた「夢音一衣ライブ」のミックスダウンとマスタリングを行ってます。

普通はライブ会場で出音と録音の担当オペレータが別にいますが、当方はいつも一人なのでなかなかシンドイもんです。

通常、ライプレコーディングはマルチからパラでPA卓とレコーディング卓に送り、それぞれのMIXを行います。
PA卓は出音に合わせたセッティング、レコ卓は一発録り以外、マルチトラックのDAWで記録、出来ればトラックダウンまでその場でこなします。

ライブは出音が一番です、まずそれに専念しなければならないんですね、余裕があれば他の事も出来るんですが・・
ウチは弱小音響屋なので、そんな人員的に余裕はありません

そこで、最近の音楽結社のライブレコーディングは、なるべくシンプルにかつ柔軟性のあるシステムで両方をうまくバランスをとってやってます。

デジタルミキサー(01V96LS9)のadat出力から、ヘッドアンプを通ったアナログインプット信号を入力チャンネル分アサインしHDR(HD24)にそのまま記録します。
adatは通常8chしか対応しないのですが、adatボードを2枚差しにして16chをリアルタイムにフルデジタル記録出来ます。

あとは機械におまかせ、ライブの出音OPだけに専念出来るんですね

少し前は音楽結社でもProToolsというDAWソフトを使ってPCに記録してましたが、接続が煩雑でセッティングにかなり時間がかかります、あと一番は確実性にまだ不安があるんですよね、ライブは一回こっきり、やり直しはききません!
記録に失敗したらアウトになっちゃいますから
スタジオならいざ知らず、ライブ現場ではやっぱりシンプルで確実な方法が一番です!

あとは、今やってるように後日そのデータを元にミックスダウンが出来るんです。
ん〜〜、昔の設備環境から考えると便利な世の中になりました
2010/02/18
カテゴリ: 音響、PA、SR : 

執筆者: atom (10:17 am)
 
こんにちは atomです!

音楽結社のブログを、自社で構築運営するサーバへ引っ越ししましたよ!

これから、こちらで音楽結社のブログをゆる〜く続けたいと思います。

初めての方も、おられると思うのでチョットご紹介しますね。



「音楽結社」とは、須賀川ネットシティからスピンオフした、音楽、音響、照明部門です。

須賀川近郊の演奏会やイベント、コンサート、ライブ等の音響、PA、SRサービス、ライティングサービスや構成、企画、演出をボランティアで行っています。

 
 

« 1 2 (3)